痩せることもある避妊薬の避妊以外の効能

ウエストを測る女性

避妊薬といえば、望まれない妊娠を回避するために服用するものと考えられます。避妊薬は避妊以外にも様々な効能があるといわれています。
どのような効能があるのかというと、イライラの軽減、生理周期の安定、バストアップ、痩せるなどの効能が個人差はありますが、あるといわれています。
イライラの軽減については、特に生理前になるとイライラしてしまいがちな女性には効果がある場合があるといわれています。生理前になるとホルモンの分泌量が急激に変化するので、精神的に不安定になるということが考えられます。
そこで、避妊薬を服用することによってホルモンバランスが改善されるので、生理前のイライラも軽減されることがあります。
生理周期の安定に関しては、避妊薬を服用することによって、生理が28日周期となりますから、もともと生理不順には生理周期が安定し、生活環境もだいぶ楽になります。
バストアップに関しては、誰でもバストアップするわけではありませんが、女性ホルモンの影響で胸が大きくなったり、張りが出たりします。
痩せるということに関しては、避妊薬はどちらかというと太るというイメージが強いかもしれませんが、最近の研究では体重増加には影響がないという報告もあります。
生理前であっても精神的に安定することによって、食生活も安定し、逆に痩せることもあるようです。生理前にドカ食いしてしまうような人には、痩せる可能性が高いといえます。
その他の避妊薬の効能としては、多くの疾患を予防したり、治癒したりといった効能も認められています。特に子宮がんや子宮内膜症、卵巣がんといった疾患の発症を抑えることがあるということがわかっています。
これらの疾患は、命に関わる疾患であり、女性にとって回避したい疾患なので、避妊薬を服用して予防するという方法もあります。