避妊薬のメリットはいっぱい!

避妊薬は避妊以外にもさまざまな効果があります。女性ホルモンをコントロールすることで更年期障害を軽減できたり、肌荒れなどが改善されたり、生理周期が整ったり、生理痛が軽くなるなど、ピルのメリットはいっぱいあるんです。

避妊薬のメリットはいっぱい!

避妊薬を飲む利点は避妊効果だけじゃない

避妊薬は計画的な避妊をするために用いられるホルモン剤で、一般的には低用量ピルと呼ばれています。
女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きをする成分が混合されており、妊娠した時と同じようなホルモンバランスになることで脳が妊娠したと勘違いして排卵が抑制され、受精や着床ができないようになる仕組みです。
28日周期の月経に合わせて使用するので生理が一定のサイクルとなり、さらに子宮内膜を厚くさせない効果もあることから避妊薬は生理不順や生理痛などの状態からも軽減してくれる効果があります。
出血量が減ることで貧血も少なくなり、子宮収縮が抑えられることで子宮内膜症の予防にもなると言われています。
ホルモンの変化が小さくなることからPMSの症状が軽減されるほか、にきびや多毛などの改善やホルモンバランスの不調による自律神経失調症の予防にもなります。
また、子宮頸管粘液が変化することで精子が子宮内に侵入しにくくなりますが、同時に細菌やウイルスが侵入するのも防ぐため卵管炎や骨盤内感染症などの不妊の原因となる病気を予防することもできます。
避妊薬が排卵を抑制することから卵巣が傷つくリスクが減り、卵巣がんや卵巣嚢腫がかかるリスクが低減することも認められていますが、逆に避妊によってコンドームを使わなくなるせいか、子宮頸がんのリスクが高まることが分かっています。
そのため、避妊ができるからといって、安易にコンドームを使用せず性行為を繰り返すのは危険だと言われています。
しかし、避妊薬の主な効果である避妊だけでなく、副効用によって様々な婦人科病を予防できるので総合的にメリットが多いのが特徴です。
日本では避妊薬として認可されていますが、すでに海外では避妊だけでなくニキビの治療薬としても使用されています。

ピルは避妊以外にはどのような効果がある?

ピルは性行為の前後に飲むことで、避妊をする事ができるものです。しかし、それ以外にもピルには効果を持っています。
そもそもピルはどういう薬なのかというと、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが配合されたものです。
女性ホルモンの量によって複数の種類があり、目的によって使い分ける事ができます。ここで注目してみるべきは、年齢を重ねて閉経をしてしまった女性です。
閉経をすると体内の女性ホルモンの量が減って、自律神経の乱れなど数々の不調が出てきます。
これを更年期障害といわれるものですがピルを飲むことにより女性ホルモンを補充できるので更年期障害を軽減する事が可能です。他にも生理の負担を軽くすることが出来ます。
月経前症候群(PMS)は生理の度に激しい苦痛を感じるのですが、ピルを服用すれば排卵を抑制するのでホルモンバランスの崩れの解消や、生理痛を引き起こすプロスタグランジンという物質の分泌を抑える事ができます。 
これによりPMSは軽くなるのです。
病気の予防ということでは子宮内膜症の予防にも効果が期待できます。
子宮内膜症というのは、子宮以外のところに、子宮内膜の組織が飛び地のように存在してしまう病気です。生理の度に子宮内膜が剥がれ落ちるために、痛みを生じてしまいます。
ピルを飲むことで、子宮内膜が厚く育つ前に生理が起きるので、剥がれ落ちる量が少なく痛みを抑えられるのです。
最近では、医療ではなく美容目的でピルを服用する人も増えてきています。
ホルモンバランスを整えると、新陳代謝が活発になっていきます。肌の弾力は蘇り、そしてニキビや吹き出物などを解消することで、若く健康的な肌になっていくのです。
新陳代謝ということでは髪の毛も、古い髪の毛から新しい髪の毛へと常に生え変わっていくわけですが、太く健康的な髪の毛になることが期待できます。

初めての大人の吹き出物にピルが効く

20代、30代になっても吹き出物や大人ニキビに悩んでいる女性は多いです。
こういった肌のトラブルには、避妊や生理痛、生理不順などに使用される低用量ピルが効くといわれています。
この低用量ピルはさきほどの効用だけでなく、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので肌トラブルも解決してくれるのです。
女性は生理前になると男性ホルモンが活性化し、肌トラブルになったりいろいろな身体の変化が表れます。
男性ホルモンは皮脂分泌を促進するはたらきがあるため、毛穴を皮脂でふさいでしまい、吹き出物やニキビができてしまうのです。そこでピルを飲むことで女性ホルモンを増やし、改善してくれるのです。
また、美肌ホルモンといわれるエストロゲンという成分も含まれており、皮脂分泌を防止することで肌のキメを整えてくれます。
また、通常のピルに比べて低用量ピルは避妊の効果が少なく、それ以外の美容効果を補強したような内容になっています。その為、初めてピルを服用するという人にも身体への負担を少なく済ませることが出来るので安心です。
低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプが一般的にあり、毎日服用する必要があります。その中でも28錠タイプのマーベロンというピルが効果的といわれています。
男性ホルモンの作用が1番少ないものなので、早い人であれば1ヶ月程度で吹き出物やニキビへの効果が表れます。医療機関でも一番そういった効果がたかいものとして紹介されます。
もう1つ効果的なのが21錠タイプのオーソM21という薬です。もともとは生理通や子宮内膜症の治療に使用されているものでしたが、ホルモンの量を一定に調整してくれるので吹き出物やニキビにも効果的です。

避妊薬のメリットについて